la mode europeénne sélectionné pour vous

EVERYONE WANTS TO BE BRITISH

11/22/2016


先日、お気に入りの書店でこんな本を見つけました。
How to be a brit(イギリス人になるには)、English Humour for Beginners
(初心者向けイギリスのユーモア)やVery British Problem(イギリス特有の日常問題)など、
イギリスでサヴァイヴできそうな内容のものばかりです。
英国スタイルに憧れるお気持ち、大変よく分かります。
私は“イギリス人のように話すには”という本を、購入して帰りました。


 

紳士服業界でも、英国スタイルはベーシックであり、欠かすことができません。
弊社の赤いバンチがトレードマークのHARRISONSは、名門テーラーご用達の
高クオリティーな生地を多く取り揃えております。
長かった夏も終わり、やっとフランネルなどのしっかりしたスーツが着れ、
ファッションの楽しい季節になってきました。
しかし弊社では早くも、2017S/Sに向けて進んでおります。

本日は一足早く、LBD-HARRISONSの傘下、
SMITH WOOLLENSの2017S/Sコレクションをご紹介いたします。




ファイン メリノウールで作った、3PLY / 4PLY / HIGH TWIST / PLAIN WEAVE / MOCK LENOの
梳毛生地コレクション、FINMERESCO - フィンメレスコ。

世界中を飛び回るグローバルなビジネスマンをイメージしたこのコレクションは、
長時間のフライト後のミーティングにも、スーツにアイロンが不要なほど、
皺に強いトラベルスーティングを収録しています。
280-390grmのしっかりとした生地は通気性にも富んでいるため、夏のスーツとして大変おすすめです。
ざっくりとしたMOCK LENOのジャケット地は、カラーバリエーションも多く、
オフの日のジャケットとしても素敵です。

来年の春夏をお楽しみに :)

GREETING

11/16/2016


初めまして!
この度、こちらのブログの担当となりました岡村美穂と申します。
5月に紳士服地の営業として入社し、あっという間に6ヶ月が経ちました。
至らない点もございますが、どうぞ(お手柔らかに)宜しくお願い致します。
こちらのブログでは、私の視点から見た紳士服についてや、最新情報などをお届け致します。


弊社では早くも2017A/Wの展示会、真っ最中でございます。
Harris Tweedの素敵なサンプルが豊富に揃っているので、「これでジャケットが作りたい!」などの物欲が沸いてきています。
Harris Tweedって一体何種類あるのでしょう。すごい種類です。
ツイードジャケットというと、頭に浮かぶのはジャン=ピエール・レオ。(私のヒーローです)
ヘリンボーンのベーシックなジャケットが大変お似合いです。




個人的にクラシックな男性の服装が好きなため、昔の映画からインスピレーションを受けることがあります。
女子はこのハリスツイードで男の子のような装いをしてみてはいかがでしょうか♪