la mode europeénne sélectionné pour vous

UNA PASSEGGIATA A NAPOLI

7/31/2019
 
クドクド言わない紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

昨年、大先輩社員が海外研修に出まして、その際のレポートが2,881文字だったのですが
絶賛締切に追われ中の中村、まだまだ序盤の2日目時点で4,801文字…。
文体がしつこいのでしょうか。熱量と文字数を多めでお送りしてしまう僕の悪い癖ですね…。

というわけで、今回は写真多めで!
というか、写真ばかり?!でお送りしてみたいと思います。
ちなみに、タイトルを日本語に訳すと「ナポリで散歩」なのです。
ナポリを歩いた気分になってもらえれば幸いです。
 
 
 
まずは今回の宿泊先「ホテルサンタルチア」の外観。
中村史で最も素敵な宿泊施設でした。内装も素敵でしたよ!
 
印象深い風景は沢山あるのですが、中でも感慨深かったのは信仰の篤さです。
 
 
 
 
入り組んだ路地は高低差も大きく、階段を上り下りしながら分け入っていくと、上の写真のようなオブジェクトが散見されます。
日本でいうお地蔵様とか、道沿いの祠のようなものでしょうか。ただ、お家の壁や玄関出たところすぐにある感じで、距離感が少し違うのかなー?と感じました。
 
 
このアパートの入り口。
自転車除けのポールがトリコロールなのです。遊び心?なのでしょうか。素敵ですよね。
 
イタリアの人がお洒落なのは、街がお洒落で綺麗だから、その中で過ごすうちに美意識が育つ。
そんな話を方々で聞いておりました。一理あるなぁー。と再確認いたしました。
 
 
 
 
 
 
もう一つ、イタリアのお洒落を支えるものがあるとすれば、“気候”かもしれません。
ナポリを訪れた7月半ばの気候ですが、ティレニア海から吹く風がひんやりと心地好く、ジャケットを着ていても快適に過ごすことができました。一年中、スーツを着れる環境は羨ましい限り。
もちろん半袖ショートパンツの紳士達もたくさんいらっしゃったので、各々好きなファッションを楽しめるのでしょうね。
 
 
 
 
 
ナポリの夏の快適さを垣間見れるワンシーン。
路地のあちこちに椅子が置かれています。ちょっとした建物の陰でアペロールやナストロ・アズーロをお供に、ご近所さん同士で集まっているのかもしれません。
 
ナポリを散歩した気分になっていただけたでしょうか?
ここまで882文字。結局いつもより長めのブログでございました…お付合い有難うございます。
 
それでは次回の大阪BRANCH日記で。