la mode europeénne sélectionné pour vous

AFRO FABRIC

2/22/2021

リズム感の良い紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

さてさて、前回の更新から引き続き「ORIGINAL SOLARO」について…
読者の皆様はお気づきかもしれませんが、実は前回の三代目の更新もソラーロをフィーチャーしたものでございました。

マルキシブログ係の「鋼の掟」がございまして、「内容が被ってしまった場合は早い者勝ち」なのでございます。
はちゃめちゃに同じ生地についてだったので、更新時間を確認したところ僕の方が0.08日だけ遅かったので天を仰いだのですが…なんとか…大丈夫だったようです…。

いえ!
というより、ツープラトンでおススメしてしまうくらい魅力的な生地であったというべきでしょう!
早速お仕立て頂いたお客様からもお褒めの言葉を頂いております!


ご覧のようなタフさとエレガントさを兼ね備えた生地でございます。

前回の更新は
>そんなソラーロ、そもそもなぜ縦糸横糸で色が違うのかご存知ですか?
>衝撃の事実は…次回お伝えします。
っと言った具合に書かせていただきました。

表に来ているベージュ色の糸が光を反射する!
というのは、なんとなく言わんとすることが分かるのですが、では何故裏は赤いのでしょうか…?
そこで今回のタイトルでございます。

ソラーロ開発のおり、念頭に置かれたのは亜熱帯の植民地での耐暑性。
そこで参考にしたのが現地に住まう現地人の方の肌の色だったそうです。
褐色の肌の奥に湛えられた赤みに当時の英国人は着目しました。
(英国人的には)酷暑の中で生活する現地の人々の肌に似せた服地を作れば
耐暑性に優れた生地となるに違いない!
裏側を赤くして、熱がこもらないようにしよう!


そんな経緯で、縦横の糸色を変えた生地が生まれたのです。
化学的なエビデンスがあった訳ではございませんので、どれだけ暑さをしのげるかは…推して知るべしでございます。

ご存知の方もいらっしゃるかと存じますが、大阪BRANCHにて虎視眈々と紳士になるべく頑張っている中村も軽くアフロヘアでございます。
南方の方々をイメージして作った生地ですし、アフロな僕と相性がいいはず。
やっぱり、オリジナルソラーロで一着仕立てなきゃな!(あんまり暑くならないうちに!)

それでは、次回の大阪BRANCH日記で。