la mode europeénne sélectionné pour vous

TOUR IN SEPTEMBER

10/12/2021
痩せたい!!
もはや紳士にならなくても良い。ただただ痩せたい!!

はっ。申し訳ございません。取り乱しました。
取り乱さない紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

皆様、このブログのPLOFILEはご覧になられたことがございますでしょうか?
“入社数年の若手ながら所長代理となった期待のエースが、「現場の日々」を綴ります!”
…三代目が書いたプロフィールなのですが、ハードルの高さに打ちひしがれております。

前回の投稿でも触れておりましたとおり、ハード&タイトスケジュールに加えて
所長代理の重責と背負う期待からくるプレッシャーもあって「9月は確実に痩せる」算段で生きておりました。
しかし、気が付けば7キロ増量してのフィニッシュ。見通しが甘かったようです…涙

改めてダニエル・クレイグボディを目指して頑張って参ります。
過酷なシェイプアップを乗り切るモチベーションを作るべく、その暁に着たい生地をご紹介いたします!


FRONTIER cloth ref#68869


OYSTER cloth ref#77117

どちらもライトグレー寄りのプレーンな生地でございます。
同じくプレーンなホワイトorサックスのレギュラーカラーシャツに織りに表情のあるソリッドタイと合わせれば
スーパースパイスタイルの完成でございます。

しかも、ハリコシ優れた英国生地の中でもより一層しっかりと織られたシリーズでございますので
ゆとりあるフィッティングにも相性がよく、視覚的な体形補正を効かせたテーラリングと相性抜群でございます。
メリハリの利いたシルエットのスーツであれば、膨張色も怖くないのであります!

皆様も、ぜひAWシーズンにも明るめのお色を取り入れてみてくださいませ!
それでは次回の大阪BRANCH日記で。

TOURIST IN WESTERN JAPAN

9/14/2021

アウェイでもパフォーマンスの変わらない紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
(…あれ。これ一回使ったかな…?)

タイトルと書き出しから「お察し」かもしれませんが
こんなタイミングでも西日本の各地のお店からお伺いをお許しを頂いておりまして
有難いことに「ツアー」状態で駆け回っております。

かなりのハード&タイトスケジュールでございまして、目が回りそう…というかここ数日は実際回ってるような気分でございます…が!
そんな時でも高級服地マーチャントの一員としてパリッとスーツを着こなさねばなりません。

そんな私が今日も明日も明後日も着てツアーしているのが




こちらリージェンシーのスーツでございます。
気付けばこればかりで作っていました。

ハリコシしっかりで、しわになりにくいけれど「硬すぎない!」ところがポイントです。
立ったり座ったり、飛んだり跳ねたり回ったりするのがビジネスマンの常。
柔らかしなやかすぎても、硬すぎてもストレスになってしまいますが
そこのところ丁度よい感じなので「リアルなビジネスウェア」としておススメ!なのでございます。


駆け回れるお仕事着をお探しの紳士淑女の皆様!
リージェンシーをぜひご覧になってくださいませ。

それでは次回の大阪BRANCH日記で。

WITH CAVALRY

9/07/2021

手短に伝えられる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

読者の皆様におかれましてもお忙しくされているかと存じます。

ので!

シンプルに最新のW.BILLバンチからの(大阪BRANCH的)最強コーデをご案内します。
是非とも贅沢パンツとしてお仕立て頂きたいこちらのクオリティ
ジャケットには来年250周年を迎えるFox Brothersのクラシックフランネルを併せました。


JK:Fox Brothers #CL7
PT:W.Bill #WB16220

オーセンティックな紺ブレスタイル。
NY×WHはアイビーやマリンの基本カラーコーデですが、素材に拘っていただければ
より一層お洒落にクラシックに演出していただけます!


JK:Fox Brothers #CL11
PT:W.Bill #WB16201

トレンドカラーを取り入れたお上品&リラックススタイル。
ベージュ系でトーンを変えたスタイルで、秋冬もブライトカラーをお楽しみください。


JK:Fox Brothers #CL40
PT:W.Bill #WB16206

モードな印象のモノトーンコーデですが
大きめのグレナカートとシルバーボトムスで合わせれば優しい洒落感に!

スーツのコーディネートも楽しいですが
ジャケット&パンツのマリアージュもメンズドレススタイルの醍醐味かと。
私の最強コーデへの挑戦者の方、随時募集中です。
是非、皆様的最強コーデも教えてくださいませ!

それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

DATE WITH ...

8/31/2021

残暑もさわやかに過ごせる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

三代目も「てんやわんや」とブログに書いておりましたが
弊社で最も「てんやわんや」しておりますのが不肖中村かと思われます。

有難いことに、バンチや店頭サンプル用の生地の出荷に加え
お得意先様へのご訪問もございまして、はちゃめちゃに忙しい日々を過ごしております。

…お陰様で、この夏の思い出というか記憶がほとんどございません涙
何とかイケてる思い出を皆様にご覧いただくべく、スマホの写真フォルダーをさかのぼってみると


めちゃめちゃイケてるステーキの写真が!


そうそう!
クラシックカーが素敵なレストランでランチデートをしたのでした!
学生時代の思い出話や武勇伝!?を聞かせて頂き、笑いの絶えない素敵な時間でした。

浮いた話と縁遠い大阪BRANCH日記にもついに春が訪れましたね。
中村ファンの皆様が気になっていらっしゃるであろう今回のデートのお相手は

三代目でした!
お陰様で30歳の夏の思い出を白紙にせずにすみました…!
ありがとうございます!

それでは次回の大阪BRANCH日記で。

SHIBU

8/06/2021


どんなアイテムでも素敵にリコメンドできる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
「これを超えるスケール&夢ある投稿をするべし。」とソーシャルディスタンス越しにお達しがあったので…タイトルだけでも並んでみました。
(BRANCHは支部って和訳されるのですよ!!)

…気を取り直して、「CEBUもいいけど、GBもね!」っということで…

そうなのです。
英国本家本流の高級紳士服地をご案内する弊社ですが
満を持して英国本家本流のロイヤルでゴージャスな製品のご案内も始まったのです!

大阪BRANCHに咲く一輪の花、香りにもこだわるお洒落なYさんも
モルトンブラウンのラグジュアリーなフレグランスにテンション上がっております。


女子的には、この2種類がよい感じのようです!
画面をよ~く見ながら深呼吸していただければ、かすかにウッディー&スパイシーな香りを感じていただけるのではないでしょうか。




他にも素敵アイテム目白押しでございます。
少しずつ紹介していきつつ、来るAWシーズンに向けて準備を進めて参ります!

それでは、次回の大阪BRANCH日記で!

THE OPEN

7/20/2021

残り30ヤードからの安定感がある紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

7月後半、世界が注目する大きなスポーツイベントが最終日を迎えていました。
ロイヤルセントジョージズで開催された「THE OPEN」こと全英オープン
1年で最もシャンゼリゼが熱く盛り上がる「Le tour」ことツールドフランス

どちらも欧州だけでなく、世界中を巻き込む人気の大会ですね。
そのどちらにも(ふんわりですが)関連する、同じく世界中で人気のファブリックメーカーがあるのです。


まずは全英オープンなのですが、来年の大会をもちまして「第150回」の記念大会でございます。
来年がアニバーサリーイヤーのファブリックメーカーとは…

ツールドフランスで圧倒的な速さで総合優勝したUAEチームエミレーツのポガチャル選手がかっ飛ばしていたバイクの特別仕様車を販売しているファブリックメーカーとは…


YES! FOX BROTHERS でございます。

1772年が創業年の同社、来年「250周年」を迎えます!
全英オープンより100ポイント勝ってますね。(謎のポイント制)

ツールドフランス優勝車のCOLNAGOの世界一かっこいいバージョンを販売しているのです。

毎年、様々な企画でサプライズを届けてくれるFOXのアニバーサリーイヤーが楽しみです!
それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

NOT ONLY SUITS...

7/06/2021


innovativeな紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

三代目の記事にもあった通り、先週から「大晦日」と「元旦」が来たような状態でございます…目が回りそうな日々ですが、忙しいのは有難いことでございます。
バタバタし過ぎないよう、紳士的にこの忙しさを乗り越えてまいりますよ!(セルフ応援)

さて、ビスポークやオーダーといえば、そのあとに続く言葉は「スーツ」「トラウザーズ」「シャツ」「シューズ」かと存じます。
…それだけだと、勿体ないと思いませんか?


不肖中村、innovativeな紳士になるべく、大阪BRANCH日記でも幾度となくご紹介している「ハリントンジャケット」を仕立ててしまいました!
エレガント&スポーティーを体現するクラシックなジャケット(ブルゾン)として一世風靡したこのアイテム。
弊社の珠玉のコレクションの中で最も「エレガント&スポーティー」なソラーロでのお仕立てでございます。

「…あれ? 前回もソラーロのトラウザーズを 自慢 紹介してなかった?」
とお気付きの大阪BRANCHファンの方もいらっしゃるでしょうか。(いますように…!)

左様でございます。
セットアップで作っちゃったのでございます。


…我ながら、はちゃめちゃにカッコ良いものを作ってしまいました。
以前から「ビジネスウェア以外のものも、お仕立てして楽しみませんか!?」とご案内しておりましたので、言い出した者からの具体例としてご紹介でございます。
生地×お仕立ての可能性は、本当に無限にあるかと存じます。
読者の皆様におかれましても、ぜひスーツだけでなくいろんなアイテムのオーダーを、弊社珠玉のコレクションでお楽しみくださいませ!

それでは、次回の大阪BRANCH日記で。