la mode europeénne sélectionné pour vous

GIVE ME FOUR

3/19/2019
 














ホームシアターを持ってる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

映画はスーツスタイルのインスピレーションを得る機会にうってつけですよね。
007シリーズやKINGSMANシリーズが有名ですが、「名画には名スーツあり」。
素敵な着こなしのヒントを見つけることができそうです。

たとえば…

「コードネームアンクル」

タイトルのリンクから飛べる公式HPに
ロープドショルダーのイケメンが待ち構えております。

時代設定もあってか、艶やかなスーツはあまり出てこないのですが
クラシックな質実剛健系のスーツが大活躍な映画です。 


続きまして…

「メリーポピンズリターンズ」

画像は皆さまググってください。(リスクヘッジ!)

ダニエルクレイグ版007の、頼れる猫好きNerdのQがお父様役で出演。

KINGSMANの、頼れる鱗翅類好き紳士のGALAHADが銀行マン役で出演。

控えめに言ってスパイ映画ファン的には天国な作品なのですが
衣装もすごく素敵なのです。

ヴィンテージ感にあふれるスーツやワークウェア。
そして、メリーポピンズさんのカラフルコスチューム。

https://www.excite.co.jp/news/article/Frontrow_17227912/

…どこかで見たことある柄の生地?どこかで見たことある裏地?
…気のせいでしょうね。夢の国でしか織られていない、特別な生地なのでしょう。
…関係ないですけど、DASHING TWEEDS っていい生地ですよね。



どちらもクラシック、ビンテージ好きな方にお勧めのスーツが素敵な映画です。
そして、そんな皆様にオススメな生地もございます。


















V.B.Cの「4PLY」
あえて光沢感を廃した、ざらりとしたテクスチャー。
色柄も主張を抑えたシックなシリーズ。
男女問わず、50’Sや60’Sのスタイルを楽しみたいアナタにお勧めです。

SF映画好きの方も

「4plyをくれ。」
 「2plyで充分ですよ。」
「いや、4。 2、2で4plyだ。」
 「2plyで充分ですよ。」

…というお洒落なやり取りができるので同じくオススメ!ですよ。
このネタ分かった方、僕のホームシアター(着工未定)にご招待させてください。 
それでは次回の大阪BRANCH日記で。

SOMEDAY IN THE RAIN

3/11/2019


雨ニモマケズ 風ニモマケズ
イツモ御洒落ヲワスレナイ
サウイフ紳士ニ ワタシハナリタイ…大阪BRANCH中村デス。

…唐突に宮沢リスペクトで始まりました。
東北出身のかの詩人のパワフルな言葉が、普段よりも強く心に響く日ですね。

さて今週は全体的に雨や風が強い週になるようです。
関東方面では強風で電車のダイヤも乱れているとか。

こんなレイニーウィークにおすすめの生地のご紹介です。




こちら!
ブルーの織りネームがクールなV.B.CANONICO「SUPER SONIC」!

…既視感がある方もいらっしゃるかもしれません。
実は以前にも何度か登場しております。

しかし!

本日の再登場でご覧いただきたいのは、生地の特徴「ウォータープルーフ」。
台風中継のアナウンサーさんの如く、雨の中、傘も差さずに駈け出して参りました。寒かった!



結果はこの通り。
しっかり表面で雨粒をはじいているのがご覧いただけるかと。
雨の日でもパリッと決めたい皆様、オススメでございます。(傘の同時使用を強く推奨。)
それでは次回の大阪BRANCH日記で。(この撮影で風邪をひいてなければ!)

KEEP ON LEARNING

3/04/2019

 アイロン上手な紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
最近タック入りのパンツが増えてきておりますが、比例してアイロンする時間も長く…
皆様、コツがあったら教えてくださいませ。
 
ただ、なんでも「コツ」やら「近道」がある訳ではないのですね。
 
前回のブログで少し触れていた「急遽すぐにブログを執筆しなくては~」な理由ですが
(↑ 急遽と、すぐに、が重なってしまってる辺り、当時の中村のあわってぷりが出てますね 笑)
LBD-HARRISONSグループ社長のジェームズ・ダンスフォード氏と弊社三代目の大阪ツアーのドライバーを務めるための準備をしていたのです!
 
中村のドライビングテクニックが炸裂した、まさにエキサイティングなツアーでございました…
詳しくは、ジェームズ社長か三代目か中村に会ったときにでも聞いてみてください…
 
さて。
そんなツアー中の会話が今回のタイトルなのです。
ジェームズ社長曰く
「生地を扱う仕事は、常に学び続けることが必要なんだ。
 私もずーっと勉強(learning & learning & learning…)しているよ。」
と。
 
マーチャントの一員になって早0.91年の中村ですが
「コツ」に頼ったり、「近道」せずに、ずーっと、学び続けなければ!と決意を改めたのでした。
(…普段勉強サボっているわけじゃないですよ!バンチを枕の下に敷いて寝てますよ!)
 
 
LBDグループの生地の良さを尋ねられたジェームズ社長は
「サビルロウで培われたビスポークの技術に、バッチリ応えるパフォーマンスを備えた
 まさにテーラー向けの生地なんだ!」
と熱く語っていらっしゃいました。
 
クオリティーごとのアドバンテージポイントも教えてもらいましたが
長ーくなってしまいますので
詳しくは、ジェームズ社長か三代目か中村に会ったときにでも聞いてみてください 笑
 
英国から熱い思いを乗せてやってくるLBD-HARRISONSグループの生地達の魅力を
日本中のスーツ好きの皆様にお伝えすべく、頑張るぞー!
 
と書いた直後に…
次回のブログの内容は多分ナポリから来た「華やかなアレ」の話になるかもしれないですが…
 
それでは、次回の大阪BRANCH日記で。
 

CRAZY ON CHECKS

2/23/2019

膨張色を着ても関係ない紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
いえ、そんなに関係ないと思いますけれどね。実際のところは。細いほうです。

さてさて、前回に引き続き
中村の独断と偏見でオススメしたい2019S/S生地についてお知らせしようと思っていたのですが…
急遽すぐにブログを執筆しなくてはいけなくなってしまっております!
その理由とは…またいづれお伝えできるはずでございます!
週明けの業務が関係しているのですが、不肖中村、結構緊張し始めております。

っというのは置いておきまして、この不測の事態に備えていた記事があるのです。
とある悩み事なのですが、皆様もこの季節、私と同様の悩みを抱えていらっしゃるのではないでしょうか。



ここからBGM付きで読んでいただけると中村の言いたいことが伝わるかと存じます。)

 

「次のシーズンのスーツ、どうしよう!?」

大問題でございます。
手前味噌ではございますが、弊社の膨大なコレクション達はどれも素敵すぎて素敵すぎて…

スーツ選びの第一歩で悩んでいても仕方ないので、とりあえずラペルの形やら巾やらディティールと寸法は決めております。
…その状態から早くもひと月が経とうとしております。

そんな時、母なるマリア様が英知あるお言葉を囁かれました。
「Check it be」





…チェックだけでもこんなにある。
まだまだ悩み続けそうです。
そんな悩ましいほど素敵なバンチ「FRONTIER」から次の一着を選びたいと思います。

それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

THE SUN CLOTH

2/16/2019
 
 
運転上手な紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
 
紳士服業界はさておいて、中村の独断と偏見でオススメしたい2019S/S生地について
このブログを読んでいただいているご慧眼な皆様にだけ!!お知らせいたします。
 
 
 
その名も「ORIGINAL SOLARO」。
亜熱帯地域の日差しにも負けず、まとわりつく湿気にも型崩れしにくいタフな生地です。
スーツ好きの皆様にはもはや「定番」のものかもしれません。
けれど、実際にお召しになられている方はまだまだ少ないのではないでしょうか?
 
ここ数年、気候の変動も相まって日本の夏も亜熱帯のジャングルに等しい過酷な環境。
それでも素敵なスーツで颯爽と過ごしたい皆様のお手本となり得るのは
植民地に赴いていた英国紳士たちの服装術&避暑術ではないでしょうか。
 

 
「ORIGINAL SOLARO」で仕立てたスーツに、リネンのシャツ。
ジャケット生地に合わせたサンドベージュのネクタイを合わせ
日の光が差し込むオープンなバーカウンターで、ジンベースの良く冷えたカクテルを一杯…
 
なーんて素敵な時間を過ごしてはいかがでしょうか。
 
…お昼休みにお酒飲んで怒られても私は責任が取れませんので
不安材料がある方、未成年の方はチェリオをエビ反り一気飲みで涼みましょう。
 
寒すぎて脳内の夏に逃げ込んでしまいました…。
皆様お風邪など召されませんように。
 
それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

SHOW ROOM - 2

2/04/2019


 
季節を先取る紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
そうです。
次シーズンのご提案をする立場として、立春の今日から平織りの生地を着用しております。
決して、秋冬スーツに何作ろうか迷っていたらシーズン終わりだった訳では無いのです。
決して、ブログを通じて皆様にオススメしているうちに、自分で決めきれなくなっていた訳では無いのです。
…我ながらえらい。マーチャントの鑑じゃぁございませんでしょうか。
 
さて!
前回もお伝えしております通り、ショールームでは素敵なニューアイテムたちをご紹介しております。
 
 
 
 
 
ラグジュアリーかつファンクショナブルなアクセサリーやアウターをディスプレイしております。
画像でもチラッとご覧いただける「ブルゾン」や「シューズ」は生産背景やその歴史など、洋服好きの方にはグッとくること請け合いのストーリーを持ったアイテムでございます。
お時間ございます服好きの方、是非中村を捕まえて聞いてあげてくださいませ。
 
えぇ。ご多分に漏れず、私も今回も完全に欲しくなってしまっております。
スーツは必要だし、雨も降るから傘は必要だし、砂漠に行くかもしれないからデザートブーツがないとアッチッチだし…
マーチャントって大変ですね。
 
それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

SHOW ROOM - 1

1/28/2019
 
早起きが苦にならない紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
本日はお客様とのご商談前のショールームからスタートです。
手前に見えるのは「HARRISONSのINDIGO。英国ハリソンズ社の最新作でございます。
そして紙面が絶妙に見えないように光源を調整している雑誌が。(一苦労でした。)
世界一ハイクオリティなメンズ誌[ザ・レイク]日本版に
弊社取扱い商品がたくさん紹介されておりましたので、是非々々ご覧くださいませ。
 
 
こちらは弊社珠玉の英国プロダクトのコーナー。
マルキシアカデミー賞、主演男優賞を受賞したハリソンズベアさんもこちらで皆様をお待ちしております。
中段、左に見えるのは、あの国民的お菓子「ようかん」…ではなく
 
 
TAYLOR OF OLD BOND STREETのブラシでございます。
ブラシについての詳しい説明は三代目の雑記帳をご覧ください。
今の季節はコートをお召しになってご来社いただく方も多いと思います。
ハンガーもご用意しておりますので、どうぞお手に取ってブラッシングしてください。
小気味よく乾いた音とを聞きながら、ブラシから伝わる繊維の表情を感じるのは洋服好きには至福の瞬間ではないでしょうか。
 
さて、ここまで紹介してきたショールームですが、実は現在だいぶ様変わりしております。
週明けからの新作展示会に向けて素敵なニューアイテムをご覧いただけるように準備中です。
その様子は……SHOW ROOM - 2でご案内します 笑
 
それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

EXCELLENT LUCK

1/22/2019
 


運も味方につけた紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

絶賛冬真っ只中ではございますが、有難いことに春夏物の準備で大忙しでございます。
ひとえに、弊社をご贔屓に頂いている皆様のおかげでございます。
改めて御礼を申し上げたいと存じます。誠に有難うございます。

さてさて、どんな仕事も体が資本。
先の週末は健康祈願に大阪は梅田の「お初天神」さんへお参りしました。

お参りの後は、おみくじ。
どんな結果でも良い…!ブログにかける内容であってくれ…!



っというわけで。
平成最後の大吉男の自信を胸にラッキカラーのお勧めです。
(色々な所で発表されておりますので、諸説あり!だとは思いますが…)
身に着けていると幸運を招くという「ホワイト、レッド、ゴールド」




…のスーツ生地!
ご案内した生地はすべて「HARRISONS FRONTIER」に掲載いたします。
今シーズンリニューアルされたニューバンチでございます。
ぜひぜひ全身で幸運を受け止めて頂ければ幸いです。

ちなみに「お初天神」さんは美肌の神様だそうです。
そうです。肌質改善のためのまさに神頼みに行ってきたのでした。
スキンケアの極意をお持ちの方、ぜひ教えてください。

それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

THE BIRDS

1/12/2019
 
動物からも好かれる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
いやー映画って本当に良いものですね。
 
当ブログでは英国スパイ映画の話題がやったらめったら多いのですが、今回は少し趣向を変えたご紹介です。
タイトルと最初の画像が今回のテーマなのですが、その名も「鳥」。
サスペンス映画の巨匠ヒッチコック監督の有名作品でございます。
 
映画についての詳しい説明は華麗にスルーしたいところですが、ぜひご覧いただきたいので
あらすじだけご説明いたしますと…
「カリフォルニアののどかな田舎町。
カラスやカモメやスズメとの触れ合いを通じて、急発展する恋の物語。」
といったところでしょうか。
 
数々の名シーンがある映画なのですが、中村的おすすめシーンはこちら!
パーティー会場へ向かう二人のシーン。男性のスーツにご注目ください。

 
背景の書割感がすごいですが、そんな邪念を消し去ってしまうほどの素敵なテーラリングのスーツです。
1963年公開の映画ですが、現在も色褪せないスタイリングなのではないでしょうか。
3つボタン段返り、チェンジ&ハッキングポケット、サイドベンツ。
ラペルは少しタイトですが、胸板があるので貧相さも感じさせません。
そして何より、画像ではお伝えしきれず申し訳ないのですが(なので是非、ご覧になってくださいね。)
感動したのはそのスーツの生地なのでございます。

 
グレーベースのツイードにホワイトとレッドのネップが散りばめられております。
ツイード+カラーネップと来たら、思い浮かべるのは…「ドネガルツイード」ですよね。
「ワイルド」「野趣」「カントリー」なイメージのツイード素材ですが、仕立てとコーディネート次第でパーティーにも使えるなんて、大発見でございました。
 
言わずもがなかもしれませんが、このドネガルツイードも勿論弊社のコレクションからご覧いただくことが可能です。
                                                                                                                                                                        
 
IRISH DONEGALSで一味違ったドレススタイルをお仕立てくださいませ。
お召しになってお出かけの際は、カモメの急降下にお気をつけて。
 
それでは、次回の大阪BRANCH日記で。
さよなら、さよなら、さよなら。
 

NEW YEAR’S GREETING

1/07/2019



※初日の出に輝く「GRAND CRU」のスペシャルライン。
 ハレの日には、プラチナやゴールドを織り込んだこの生地でドレスアップしてみてはいかがでしょうか。
 ちなみに、下の写真のほうが黄金の輝きが分かりやすくなっております…自然光は難しい。

数多のライバルとしのぎを削りつつ、営業所の新人王に輝く紳士になりたい大阪BRANCH中村です。
皆様、あけましておめでとうございます。



あっちなみに大阪営業所のメンバーで、支配下選手に初めて登録されてから5年以内なのは私だけでした。
…受賞が現実味を帯びて参りました。

亥年ということで、普段からしているピンキーリングがイノシシ模様の中村も微風ですが、追い風を感じております。
このリング、当ブログには頻出の諜報機関のエージェント達が身に着けている物のレプリカでございます。
※本物は5万ボルトの電流が流れるそうですが、ご安心下さい。流れないはずです。

さてさて、スマートなスパイ達が身に着けるアクセサリーに何故、イノシシなのでしょうか。
欧州においても、猪(Wild boar)のイメージは日本と似ていて、「勇猛」「タフ」といったもののようです。
諸説はございますが、「王の起源」「王権」といった意味を持つと仰る学派もございます。
こちらがまさに、KINGSMANにピッタリなイメージですね。

さてさて、お年賀状替わりに干支にちなんだプチ情報をお送りいたしました。
今後とも、皆様に有益な情報&無駄知識!?をお伝えすべく精進して参ります。


どうぞ本年もマルキシ株式会社と大阪BRANCHをよろしくお願い申し上げます。
それでは次回の大阪BRANCH日記で。