la mode europeénne sélectionné pour vous

THE KING'S MAN

9/25/2019
傘一本で大活躍できる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
先週、スーツ×映画好きには見逃せないニュースがございました。
今回の記事のタイトル「THE KING'S MAN」の公開が来年2月に決定したようです。
前作まで、日本では本国や、アジアの他の国からも半年以上遅れて公開されていました。
…もしかしてジャパンプレミアの可能性が!?
今からそわそわし始めています。
シリーズ3作目となる今回ですが、今回はダニエルクレイグ007にてFOX BROTERSのスリーピースをばっちり着こなすMを演じたレイフ・ファインズさんが重要な役で出演しているようです。
前作でも、弊社の今季一押し生地の一つハリソンズのプルミエ・クリュ…に非常によく似た生地!が主人公たちの防弾スーツに使われていましたが、今回は弊社取扱いの生地…に非常によく似た生地は登場するのでしょうか!?
今からどきどきし始めております。
来年の公開まで” Manners maketh man ”の精神で楽しみにしている中村でございました。
それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

FOX TWEED

9/18/2019

車も自転車も安全運転な紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
先週末、大阪では「第14回御堂筋サイクルピクニック」が開催されました。
環境&健康意識の高まりで自転車に乗る人も増えた中、こういった“走り方”を学べるイベントは重要ですよね。
久しぶりに街中を走ると秋めくショーウィンドウに季節の移り変わりを感じました。
気温は相変わらず…でしたが。
さて、自転車好きでファッション好きな皆様でしたらそろそろ感付かれているかもしれません。
もう少し、涼しく(なんなら寒く)なったころには、是非コレを着て自転車に乗りたい生地のオススメです。
そうです。今週も「ツイード」のオススメです!
カントリーテイスト溢れる色柄が特徴のツイード素材をFOX BROTHERSの感性で再構築した「フォックスツイード」。圧倒的なボリュームを誇る2冊のバンチはコート、ジャケット、スーツとあらゆるカントリードレススタイルに対応します。




グレンプレイドだけでこのバリエーション。
どの色もナチュラルで、どこか優しい雰囲気です。

こちらはファンシーなテイストのチェック達。

男性も違和感なく着られる可愛さではないでしょうか。



侘び寂びカラーの格子柄。
オッドベスト+ニッカーパンツで仕立ててみたい生地達です。

プレーンな生地にも奥行を感じます。
コートやジャケットなど、見える面積が広いアイテムでも良い雰囲気で仕上がること請け合いです!
弊社の珠玉のツイードコレクションの一部を続けてご案内して参りました。
英国生地のマーチャントである弊社だからこそご紹介できる、他に無いツイード達です。
カジュアルなジャケットスタイルにも、野山に分け入るときにも、自転車に乗るときにも
着れば着るほど味が出る「相棒」として、是非ワードローブに加えてくださいませ。 

DASHING TWEEDS!

9/11/2019

ちょっとしたパーティーにお呼ばれできる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

前回の記事からの続きで、来たる2019A/Wにオススメの今から仕立ててちょうど良い生地のご紹介です。
最初の5種類の生地が、昨年から展開が始まった新進気鋭のデザイナーズツイードブランド「DASHING TWEED」から届いた、今期の新作でございます。
写真でも華やかですが、実物はさらに華やかでございます。

そんな珠玉のツイード達の中でもオススメなのが…


織り柄が特徴の「ピークシリーズ」。
スーツにもコートにもオススメでございます。


大きなバスケット織りの生地で
クラシックなスリーピーススーツを仕立ててみるのも素敵ですね。
ハウンドトゥースやグレンプレイドのビッグチェックがトレンドになりつつありますが
このパターンなら、お洒落ライバル達に大きく差をつけて頂けるでしょう!


こちらはコートやニッカーパンツにオススメでございます。
ベースのチェックもありそうでなかったパターンで、オーバーペーンの黄色も個性的です。
刺し色の「黄色」は定番の技ではございますが、生地感も相まってとても新鮮な印象になります。

生地のデザインにばかりフィーチャーしてしまいましたが、それ以上に重要でお伝えしたいことがございます。
それは「クオリティーの高さ」。

重くてかたいイメージのツイードですが、良い意味でそれを裏切る生地です。
仕立てあがったアイテムに袖を通してみると、しなやかですごく軽い。
しかも…派手ではあるけどケバケバしくはない、ちょうど良い華やかさなのです。

この生地で仕立てた人しか味わえない驚きと喜び、是非ともご体験ください。
DASHING(=めかした)な皆様にこそ、ふさわしい逸品です!

それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

WINTER VIBES

9/04/2019
 
カントリーロードに佇む紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
 
梅雨より雨が多いように感じる今日このごろ。
雨の後は、気温こそ下がりますが、湿度はそのまま…やはり暑さを感じてしまいます。
晩夏や初秋の「ちょうど良い」気候が恋しいですね。
 
季節外れの暑さで、次のシーズンのことなんて考えられないかもしれませんが
季節に応じた素敵な装いをするためには、早め早めの準備が不可欠でございます。
そこで本日のタイトル「WINTER VIBES」。
今から仕込んで、涼しくなるころにすぐ着られる生地のご紹介です。
 
2019 NEW 「HARRIS TWEED」
 
 
大きめのハウンドトゥースやグレンプレイドはまさに今季のトレンドど真ん中のパターン。
様々なハイメゾンでも、19S/Sから打出しがある柄ですよね。
話題のモノトーンコーデにも取り入れ易く、性別問わずマストバイな一着ではないでしょうか。
 
 
もちろん、トレンド一辺倒ではないところが弊社であり、クラシックを愛する英国生地でございます。
 
 
ツイードといえばコレ!といった定番コレクションもしっかりとご案内しております。
 
もはや秋冬生地の代名詞となりつつある「HARRIS TWEED」でございます。
丈夫で、使い込むほどに深まる味わいのある一着がワードローブにある幸せ。
是非、感じて頂ければ幸いです。
 
もう既にお持ちでしょうか?
流石でございます
でしたら…

 
ご紹介は、次回の大阪BRANCH日記で。