la mode europeénne sélectionné pour vous

Giro d'MARUKISHI

4/20/2020
 
 
丘程度はアウターで登れる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

アウターってなに??という皆様。
自転車の前のギアの外側(アウト側)の重いギアをアウターと呼んでおります。

そんな重いアウターギアで、ドロップハンドルの下側を持って立ち漕ぎ=ダンシングでぎゃんぎゃんアルプスを登っていく、僕のヒーローがいまして…

 
マルコ・パンターニ兄さんでございます。(まさにアウター・下ハン・ダンシング中。)
今振り返るとMJに憧れてダンシングする以前に、MPに憧れてダンシングしまっくていた中村…ダンシング三昧の人生でございますね。

さてさて、先週から「出勤時の感染リスクを減らす+ダイエットにも効果有り」な夢の出勤方法を採用しておりまして、それがタイトルや書き出しに影響を与えているのです。

そうです。「The 自転車通勤」!


愛社精神に溢れた男でございますので
ご覧のとおりHARRISONSカラーの自転車で通っております。
ショールームにディスプレイ中のHARRISONSトロッターとの相性もご覧のとおり抜群です。

お休みの日も桜を横目に走っておりました。
独りっきりのお花見ですが、それもまた今年の嗜みでございますね。







ちなみに、マルキシメンバーとして当然ですが
ARISTΩNカラーのナポリブルーな自転車にも乗ってますよ!


今はソロライドしかできない世の中ですが、みんなでサイクリングに行ける日が早く来ますように。

ちなみに!
自転車好きのお洒落な皆様にオススメの生地もございます。

春夏は「PARKOUR」
自転車通勤に嬉しいストレッチ&速乾のファンクショナブルなシリーズなのですが
クラシック、トラッドな色柄とウールライクな質感も兼ね備えています。
2020SSのローンチ以降、老若問わずご好評いただいております!


中村オススメはドレスな雰囲気とリラックス感がハイブリッドされているサッカー地でございます。

秋冬は「PORTER&HARDING HERTWIST」
クラシックバイク×ツイードのセットアップは今や自転車紳士のドレスコードでございます。
シティにも映えるツイードで街を走る贅沢を、ハーツツイストとぜひ味わっていただければ幸いです。
中村オススメは…


新バンチが届くころにお知らせいたしますね!

それでは、次回の大阪BRANCH日記で。

CUTTING FOR NEXT AW

4/10/2020
 
仲間割れ知らずの紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。

ピンチに立ち向かうキャプテンアメリカが、自分を奮い立たせる言葉がありまして…

「I can do this all day」

「あきらめないぞ」や「まだまだやれる」という風に翻訳されております。

今回の一枚目の写真は、僕が今から立ち向かわなくてはならない連邦の新しいモビルスーツ…ではなく
生地のスワッチを裁断するための裁断機でございます!

 
1mmの狂いも許されない、非常にシビアで繊細な作業なのでございます。
勿論、この裁断機は一人乗り。
すべてのスワッチを切り終えるまで、孤独な旅が続くのです…。
どちらかというとアイアンマン派…いえキングスマン派の中村も思わず

「I can do this all day」

とつぶやいておりました。


こんな感じで切り終えた生地を台紙に張って、テーラーの皆様にご覧に頂きます。
1mmの狂いも無いです。
無いんじゃないかな。多分無いとは思います。まぁちょっとは覚悟していただいて…笑

今できることを着実に。
来たるべき20AWの準備をしているのは僕だけではございません。
お読みいただいている皆様も、こんな中でも様々な仕込みを行っているかと存じます。
英国からも…

 
 

はい!
恒例のチラ見せでございました。

素敵な生地達が、皆様にお目にかかれる日を楽しみに控えてございます。
その日が一日でも早く訪れますように、祈りながら準備する毎日です。

それでは、次回の大阪BRANCH日記で!

THE MAN IN THE GRAY WORSTED SUIT

4/01/2020
 


会えない時間に愛を育てられる紳士になりたい、大阪BRANCH中村です。
コロナ禍においては哀しいこと、愁うことが多いですね。

とはいえ、下ばかり見ていても仕方ないので、もっぱらバンチを眺めております。
現時点(3/31現在)ではLBD HARRISONS グループ、FOX BROTERSからのデリバリーも問題なく行われております。

各国・各地域がそれぞれ大変な時ですが
商品を届けてくれるサプライヤーさん達、またご注文をいただける皆様、本当にありがとうございます。
お伝え事項などは弊社HPの「NOTICE」にて更新して参りますので、ご確認くださいませ。

さて、バンチを眺めていると(気付かなければ良かったのに)気付いてしまったことがございます。

「007を見に行く用の服を用意していなかった」のです。

当初の公開予定日が4/10でございましたので
春先の気温に合わせて「スカイフォールのアレ」「慰めの報酬のソレ」で行こう!
と思っていたのですが、11/20に延期されたとのことで、そんな冬やったら別の用意しなきゃ!
…という運びでございます。(どっちも冬に余裕で着れることは意図的に忘れております。)

そこで、来月からマーチャント歴3年目に突入する記念にもなるし…
グレーのスーツ持っていないし…etc.
種々の言い訳を心の中で唱えながら、バンチをめくっておりました。

最新作の宣伝・ポスターなどで見かけるスタイルといえば


このスタイル。
(ちなみにこのタイスライドはお馴染みのベンソン&クレッグのものだそうで、世界中で品薄だそうです。)
明るめグレーの生地に控えめなプリンスオブウェールズがお洒落でございます。

ただ、どちらかというと中村はショーンコネリー似なので
 

このくらいの濃さの方がしっくり来るかと思い


これに決定!
REGENCYの#43449でございます。
…あとは公開に間に合うように頑張ってお金を貯めるだけでございます!

観れない時間にスーツを仕立てようとしてしまっている中村でございました。
よろしく採寸!
The King’s Manの公開前後に全く同じことをやらかす気がしてなりません。震えますね。

それでは、次回の大阪BRANCHで。