la mode europeénne sélectionné pour vous

I REALISE 2017 IS ALMOST THERE!

12/29/2016
 


今年は3連休となったクリスマスもあっという間に過ぎ、
いよいよ年末になりましたね。みなさま良いクリスマスを過ごせましたでしょうか。
今年は私が料理することに決め、慌しくあっという間に過ぎました。

マルキシは26日に大掃除を終えましたが、
個人的にはクリーニングに持っていかなければいけない服や、
リペアに出したい靴だったり、なにも片付けに手が回っていない状況です。
営業最終日の今日は春夏の生地の一部が入荷し、来年に向け、気が引き締まりました。

 


今年、お世話になりましたお客様をはじめ、ブログをご覧くださった皆様に、感謝申し上げます。
至らないところもございますが、成長できるよう努めて参りますので、
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
よいお年をお迎えくださいませ。

 
P.S. こんな可愛い鳥の切手がありました!既にお正月気分です。

C'EST MIGNON!

12/22/2016


Harrisonsの冬の生地、Moonbeam。
上質なラムズウールとアンゴラから織り上げられるので、とても肌触りがよく、暖かい生地です。
この季節にはぴったりですね。
アンゴラが気になり、検索してみましたら・・・




こんな可愛い子でした!驚きました。





こちらで遅めの冬服を作ろうかと・・・
東京、本日は驚くぐらい暖かかったですが、皆様ご自愛くださいませ。

WAITING FOR SPRING

12/16/2016
 
 
徐々にSSの生地が入荷し、弊社ではCANONICOのバンチ製作が進んでおります。
少し色褪せたようなヴィンテージ感のあるジャケット生地や、ドライなタッチのものなど、
来季も勢ぞろいです。
 

 
Smith Wollensのモック・レノ、Fox Brothersのウーステッド・チェックスなど

最近は冷えているので、春夏が待ち遠しいですね。
昨夏は暑いということを理由に、おしゃれな装いから遠のいてましたが、
来季は、涼しい色のアンコンジャケットにトライしてみようと思っております。
 
マルキシの来シーズンをぜひお楽しみに!

RECOMMENDATION

12/10/2016
 

この前のピラティスで、「このクラスも年内あと3回です!」と言われ、
もう年末なんだな、と実感しました。
ピラティスの先生に、一般的に年末年始で女性は4kgほど太ると脅され、
ちょっと食べ過ぎても平気なように、筋肉をつけようと、
プランクやショルダーブリッジなど頑張ってきましたが、身体に変化があったのかは、ハテナです。
恐らく変わっていないでしょう、ピラティス後はすぐにクラフトビアのお店に入るのですから!±0!


 

本日は忘年会や、お仕事帰りにおすすめの、お気に入りビアプレイスを少しご紹介します。
(服地と関係なく、申し訳ありません・・服地情報はぜひ次回)

1. BREWDOG
スコットランドのビールブランド、ブリュードッグのビアが思う存分楽しめます。
あまりフードは食べませんが、チップスやバンガー&マッシュなど確かあったかと。
おすすめは5AM RED ALEとPANK IPA...六本木周辺の方ぜひ!
http://brewdogbar.jp/

2. SMOKE HOUSE
入り口から燻製の香りが漂う、TYSONSのSMOKE HOUSE。
都内に何店舗が系列店がありますが、神宮前のキャットストリートにあるこちらがお気に入り。
品川で作られるビールが楽しめます。事前予約のパーティーメニューで、ぜひ!
https://www.tysons.jp/smokehouse/

3. CRAFT BEER MARKET
神田周辺の皆様、お仕事帰りに!淡路町の交差点を大手町のほうへ向かったところにあります。
ヴァイツェン・ボックがおすすめ。
http://www.craftbeermarket.jp/store_awajicho.html

4.天鴻餃子房
有楽町の電気ビルの地下や、飯田橋周辺に何店舗かある餃子の美味しいお店です。
ビールと餃子と言ったらこちら!
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13117016/

DO YOU FANCY A HANDSOME JACKET, MADAM?

12/02/2016
 
 
今日のランチは弊社の前の坂を上がって、駿河台のほうに行ってきました。
すっかり紅葉しており、普段と違った景色でリフレッシュできました。
普段ですと、営業部の紳士たちと食べに行きますが、
一人だったため、ラーメン&半チャーハンは諦めました。(一人だと恥ずかしいですね)
 
 
 
本日は個人的に作ったジャケットを載せてみようと思います。
生地はFOXのフランネルで、裏地はLBDを選びました。
 
 
 
 
皆様、ご存知の通り、英国のフランネルと言ったらFOXです。
選択がむつかしいほど、豊富なラインナップで素晴らしい生地があります。
わたくしはフランネルチェックのバンチから選びました。
ジャケット丈はヒップが隠れるくらいの長さが好みで、サイドベンツにしました。
(何かの本で、パリジェンヌはこういうタイプのジャケットがお好み!と書かれており、
それ以来、私のお気に入りとなりました。)
ウエイトもしっかりあるので、とても温かく、気に入っております。
マルキシにいると、生地を多く見るため、これも作りたい!という衝動によく駆られます・・。
次はMOONBEAMにしようかな・・と。
 
今度は営業部、紳士たちのジャケットも、ご紹介できたらと思います。

EVERYONE WANTS TO BE BRITISH

11/22/2016


先日、お気に入りの書店でこんな本を見つけました。
How to be a brit(イギリス人になるには)、English Humour for Beginners
(初心者向けイギリスのユーモア)やVery British Problem(イギリス特有の日常問題)など、
イギリスでサヴァイヴできそうな内容のものばかりです。
英国スタイルに憧れるお気持ち、大変よく分かります。
私は“イギリス人のように話すには”という本を、購入して帰りました。


 

紳士服業界でも、英国スタイルはベーシックであり、欠かすことができません。
弊社の赤いバンチがトレードマークのHARRISONSは、名門テーラーご用達の
高クオリティーな生地を多く取り揃えております。
長かった夏も終わり、やっとフランネルなどのしっかりしたスーツが着れ、
ファッションの楽しい季節になってきました。
しかし弊社では早くも、2017S/Sに向けて進んでおります。

本日は一足早く、LBD-HARRISONSの傘下、
SMITH WOOLLENSの2017S/Sコレクションをご紹介いたします。




ファイン メリノウールで作った、3PLY / 4PLY / HIGH TWIST / PLAIN WEAVE / MOCK LENOの
梳毛生地コレクション、FINMERESCO - フィンメレスコ。

世界中を飛び回るグローバルなビジネスマンをイメージしたこのコレクションは、
長時間のフライト後のミーティングにも、スーツにアイロンが不要なほど、
皺に強いトラベルスーティングを収録しています。
280-390grmのしっかりとした生地は通気性にも富んでいるため、夏のスーツとして大変おすすめです。
ざっくりとしたMOCK LENOのジャケット地は、カラーバリエーションも多く、
オフの日のジャケットとしても素敵です。

来年の春夏をお楽しみに :)

GREETING

11/16/2016


初めまして!
この度、こちらのブログの担当となりました岡村美穂と申します。
5月に紳士服地の営業として入社し、あっという間に6ヶ月が経ちました。
至らない点もございますが、どうぞ(お手柔らかに)宜しくお願い致します。
こちらのブログでは、私の視点から見た紳士服についてや、最新情報などをお届け致します。


弊社では早くも2017A/Wの展示会、真っ最中でございます。
Harris Tweedの素敵なサンプルが豊富に揃っているので、「これでジャケットが作りたい!」などの物欲が沸いてきています。
Harris Tweedって一体何種類あるのでしょう。すごい種類です。
ツイードジャケットというと、頭に浮かぶのはジャン=ピエール・レオ。(私のヒーローです)
ヘリンボーンのベーシックなジャケットが大変お似合いです。




個人的にクラシックな男性の服装が好きなため、昔の映画からインスピレーションを受けることがあります。
女子はこのハリスツイードで男の子のような装いをしてみてはいかがでしょうか♪